新体制の高連協がスタート

高連協臨時会員総会を実施し、四つのチームからの提言がなされ、そのチーム事業を全会一致で高連協事業として承認。

その結果、高連協存続決議され、新役員体制(案)を承認され、事務局についても、さわやか福祉財団内に設置することが承認され、新体制の高連協がスタートすることになり現在に至る。

 

<承認された4事業>(括弧内は、提言団体名)

①政策提言チーム(新地域支援事業における社会参加活動に関する政策提言)(さわやか福祉財団)

②登録チーム(新地域支援事業における講師派遣プラットホーム構築)(さわやか福祉財団)

③国際チーム(従来の国際担当をチーム方式に編成)(グローバルスカイ&FoIFA)

④世代間交流チーム(日本世代間交流協会)

 

<新役員体制>(敬称略・五十音順)

共同代表:樋口恵子(高齢社会をよくする女性の会)・堀田力(さわやか福祉財団会長)

  理事:新井 倭久子(高齢社会をよくする女性の会事務局長)

  理事:岡本 憲之(日本シンクタンクアカデミー 理事長)

  理事:黒水 恒男(社会教育協会 理事長)(新任)

  理事:杉 啓以子(日本世代間交流協会 会長)(新任)

  理事&事務局長:野島 卓郎(さわやか福祉財団)

  理事:穂積 恒(Friends of IFA Japan 理事長)

  理事:森 保(日本産業退職者協会 副会長)※H28.11.25逝去

  理事:升田 忠昭(グローバルスカイ 理事長)

 

  監事:若林 健市・横田 安宏

 

(準備委員会は、この承認をもって解散)